人気ブログランキング |

最悪な1日

ガソリン騒ぎ


朝、開店のため店の裏口を開ける時、
なんだか臭い気がした。

消毒薬?
何かを燃やしたニオイ?

シャーという変な音もするので、
音の出どころを探し、
車の下を覗き込むと…



車から液体が噴射して出ている!

( ̄□ ̄;)!!


慌ててMuさんを呼び、母を呼び、
みんなであたふた!

どこに言えばいい?
110番? 違うか。
トヨタだ、トヨタ!
昨日か一昨日、メンテナンス案内のハガキが来てた。


トヨタに電話して現状を説明。
「そうですか~、では伺います~」
なんとなくのんびりした口調。



ハラハラ気をもみながら待つこと30分、
担当の営業が到着。 (いつも感じの悪い担当者。)

彼はしばらく携帯で現状を伝えたりした後、
私に言った。

「よくわかりませんが、
何にせよ動かさない(エンジンかけない)ほうが
いいでしょうから、積載車で運びます。

でも今日は積載車が空いてないので
明日以降になります。
また来ます。」



うそ~!明日~!?
((((゜д゜;))))


「でもこれって、水なんですか? ガソリンですか?
放っておいていいんですか?」


その問いに答えたような答えないようなまま、
どさくさに紛れるように帰った。



・・・明日までこのまま?

Muさんと代わる代わる様子を見るが、
噴射は相変わらずの勢いのまま。


とても不安だが、
車のことは 何もわからないので、
大騒ぎすることなのかどうなのか、わからず、
別の業者を呼ぶというところまで思い切れない。


身内や友人に連絡してみるも埒があかず。


別の用件で電話してきた兄に相談すると
「もう一度トヨタに電話して、現状とさっきの担当者の対応を言って、
もしものことがあったらどうする!?、責任とってくれるんか!?、
・・・って言ってみろ」
と言われた。


トヨタに電話すると、さっきの営業ではなく、
”サービスセンター”の男性が電話口に出た。
「一向に(1時間半以上)噴射の勢いが収まらない、
水たまりで地面がえぐれてきた」
など説明すると、
今日の夕方…いや昼頃行きます、と変わった。

その時、11時30分。
仕方ない、 その「昼頃」まで待つか。



そうは言っても落ち着かないので、
相変わらず10分置きくらいに噴射を見に行った。

あら?

あら?


もしかして…


Muさんを呼び、2人で確かめた。


長い板切れを噴射に当てると…






噴射は何と下(地面)から出ていた!

水道管が破裂か!

車からではなかった!



慌ててトヨタと水道局に連絡した。



その後、噴射箇所をよく見るために
Muさんに車を少し前に動かしてもらった。
(私は20年のペーパードライバーなので。 (^^;))


地面から 細いけど勢いの強い水が噴射していて
高さ3mくらいまで上がった。

洗面器をかぶせた。



しばらくして水道局から、2時くらいに修理に行くと電話があった。


2時までは まだ1時間以上あるけど、水だから いいか。
ガソリンが噴射しているかと思っていたから、それよりは よっぽど安心だ。



車騒動


破裂した水道管の修理となれば、土を掘り起こすんだろう。
となれば、それまでに車を駐車場から出していたほうがいいだろう。


でもね、うちの駐車場はとても狭く、車を入れるのはかなりの技を要する。
道行く人が その様子を見ると 感心して眺めていくくらい。
つまり 父以外、誰も入れることは出来ない。
でも父は入院中で、 良ければ明日退院するが、悪ければ明後日退院。

だから何とか出せても、出したが最後、父が退院するまで入れられない。


おお!
ラッキーなことに、シュンの職場の(前の)病院は駐車場が大きくて、
しかも木曜なので そろそろシュンは仕事上がり。
シュンに、車をその駐車場に持って行ってもらおう。


仕事が終わったシュンが(歩いて)到着。
車を動かそうとキーを回しても、 ウンともスンとも言わない。

あれ~!?
さっき Muさんが動かした時は 普通に動いたのになぁ!?
エンスト~?



近所の親しいリフォーム屋さんも呼んでみたが、
バッテリーのケーブルは持ってなかった。
裏の車屋さん(外車専門)にも行ってみたが、留守だった。

仕方ない、
シュンが自転車で 職場においてきた車に入ってるケーブルを持ってくることに。


リフォーム屋さんには何度も休憩中に呼びつけて助けてもらったので
悪いので ここで帰ってもらった。


しばらくして シュンが ケーブルを持ってきた。
 
が、自転車で帰ってきた!!


はあ!?

何で!?


「だって、車は リフォーム屋さんが持ってくるんでしょ?」


いや、そうじゃなくて!
シュンが車で来れば すべてオッケーなんじゃん!!


もう一度、車を取りに職場へ帰ってもらいました。(^^;)




そんなこんなをしているうちに水道工事業者も到着。
みんなで車の移動を見守る事態に。


シュンが到着して、バッテリーをつなぐ。
その間、歩道は完全にふさがれて とんだ近所迷惑。


私は歩行者の誘導をしたり、車に張り紙など、
バタバタしているうちに 車は動いた。
結局、車は車庫の中で移動させただけで、完全に出さなくても工事が出来た。




その後 水道工事業者にお任せして、 1時間あまりで 工事完了。
車を 待機してくれていたシュンに 元の位置に移動してもらった。


抽選会準備


今日はこんなこと してる場合じゃないんだよ。

明日、抽選会なんだよ!!

棚を2階から 持って降りて、賞品を並べて、
ポスターを貼ったり、『1等賞』なんて札を貼ったり、
抽選機を置いて、玉を数えて入れて・・・

今回は幸いに、前々から準備万端にしていたから トントンと進んだ。
私も5時くらいには帰れた。



後時談


水道工事業者が来て工事を始めた頃、 
朝来たトヨタの営業担当者が 様子を聞きに、また来た。
「どうだったんですか? 
車じゃなかったんですか?
よくわかりましたね。
私はてっきり車から出ているとしか、見えませんでしたよ。」

・・・えぇ、えぇ、わかります、
私も、初め、車から出ているようにしか見えませんでした。

だけど、おたくは それでいいの!?
素人じゃないんだから!
・・・と、心の中で叫んだ。


帰宅してシュンにその話をして
「あの営業マンは許せん」と言うと、
「おれは あの車のほうが許せん。(笑)」

バッテリーをつないでも 関係なかったらしく、
とにかく何度もキーを回していたら エンジンが掛かったらしい。
「あれはバッテリーじゃなくて、どこか電気系統の故障だよ。 危ないよ。」


・・・このオチは また翌日に042.gif


それと、シュン曰く、
車の後ろのほうから何か噴射していて、
後ろってことは ガソリンタンクしかないけど、
でもガソリンが それだけ漏れてたら周りは臭くて臭くて、
近所の人に通報されるくらい臭いはず、
そんな臭いもないなら、 ガソリンでもないし、 おかしい、と。

なんでトヨタの営業マンは こんなことくらい、わからんのよ!
で、営業マンから そういう報告を受けた人も、
状況に合点がいかないなら ちゃんとわかる人をよこして 車を見てよね!

やっぱり、トヨタの対応、許せん。
by uhsan2006 | 2008-12-18 18:12 | くすり屋